日本とアメリカ

ボールが4つ

日本とアメリカのプロ野球では、様々な違いがあります。日本とは違い、球場が左右対称ではなく、その土地に合わせて作られたり、球場が作られた時にいる選手が活躍できるようにするための形状に設計されています。

ヤンキー・スタジアムは、球場建設の時に在籍していた主力のベイブルースがホームランを打ちやすいようにするため、レフトのスタンドとホームべースまでの距離が短くなったとも言われています。

また、移動距離も長いため、寝るのがバスで起きたラグランに行って試合をすることも年に数回あるそうです。そのため、野球のためだけでなく体力もある体も必要とされています。

野球の違いは、日本ではスモールベースボールと呼ばれる、ヒットや盗塁、バントなどでチャンスを作り、1点ずつ点を取りにいく野球が特徴的です。そのため、守備でミスを犯すことが敗因に繋がってくることもしばしばある繊細な野球となっています。一方それとは対照的に、アメリカでは豪快な試合展開となっています。ホームランや長打を打って、少ない打者で点を取りにいっています。それにより、守備でミスを犯してもすぐに味方が点数を取り返してくれることも多いので、守備のミスが負けに繋がりにくくダイナミックなプレイをみることができます。

jpproyakyubook.com http://www.jpproyakyubook.com/ グラウンド

日本代表戦

グローブとタオル

サッカーの日本代表戦はかなりの盛り上がりを見せますが、それは野球でも同じことです。

しかし、野球とサッカーの違いは確実に勝てるはずと思われている野球、まだまだ安定した強さのないサッカーという点において、観客に全く違う影響を与えます。特に野球は世界的に強いため、たとえ壮行試合であったとしても、負けてしまえば本当に強いチームなのかという不安が起こり、怒りに近い感情がすぐに湧き上がります。

また、日本代表戦は時間が長引き、試合の終了が夜遅くになることも珍しくなく、延長戦などがあれば日付を越えることもあります。サッカーのように決まった時間で終了するのとは違い、どんどん長引いていき、試合を見終わることなく途中で帰らざるを得ないという観点でみると、とても計算を立ててにくく、見ている人がそわそわするのも特徴としてあります。

しかし、かなり盛り上がるのは事実であり、普段は敵チームの選手としてできれば活躍してほしくないという気持ちで見ていても、日本代表戦となれば、話は別です。むしろ誇りを持つようになり、かっこよさを感じるようになります。野球でもこうした試合は盛り上がるため、毎年秋に行われる試合などを楽しみにする人も少なくありません。

バットとボール バッター

リーグによって違うプロ野球の打者

野球

メジャーは勿論ですが、同じ日本のプロ野球でもセ・リーグとパ・リーグによって打者に求められるスキルが大きく違います。

セ・リーグの場合は、球場が狭い本拠地が多いので、ホームランが出やすい球場となっています。また、投手が打者としてバッターボックスに立たなければならないため、打線に切れ目が生じやすいです。それを補うために、セ・リーグでは小技やバッティング技術が必要となってきます。そのため、パワーでスイングする打者よりも、バントが上手い選手や足が速く盗塁ができる選手が起用されることが目立ちます。また、バッティングでは、ライト方向へ打球を飛ばせる技術を持っている選手や、点が取れる時に取っておく必要があるため、犠牲フライを打てる選手が多く起用されています。

パ・リーグの場合は、球場が広い場所で野球の試合をすることが多いです。また投手の代わりに、打撃が得意な野手がバッターボックスに立ちます。メジャーにより近く、打線に切れ目がないため、点を取れるうちに取らなければ、という考え方はあまりありません。打順がどこから始まっても、点を取れる可能性を高く秘めているからです。そのため、鋭いスイングやパワーが必要です。技術によって単打や外野フライを打てる選手ではなく、長打を打てる選手が多くいます。

そのため、玄人な野球ファンはセ・リーグの野球の方が面白いと思うでしょう。

Menu